(一財)花山宇宙文化財団

2024年度     金曜天文講話

19世紀の偉大な科学者であり、小学校の課題図書にもなっている名著『ロウソクの科学』で知られるように一般への科学普及の面でも先駆者であったファラデーは、毎週金曜の夜、一般市民向けに「金曜講話」と呼ばれる講演会を行っていました。市民への科学普及の先駆けであるこの講演会は好評を博し、かつその参加料収入はファラデーの研究の助けとなりました。
「金曜天文講話」はファラデーの例にならい、金曜日の夜、京大の天文学者が最先端の天文学の研究成果を市民向けにわかりやすく講演し、参加者から頂いた寄附あるいは参加費の一部を京大花山天文台の運営費に活用することを目的としています。
花山天文台へのご支援を兼ね、最新宇宙研究のわくわくする話を聴いて、いっしょにわくわくしませんか?

京都大学 名誉教授 長田哲也
京都大学 名誉教授 柴田一成

開催要領

主催:一般財団法人花山宇宙文化財団
協力:京都大学大学院理学研究科附属天文台、京都大学大学院理学研究科宇宙物理学教室
対象:中学生以上(推奨)、小学生可
日時:(ほぼ隔週)金曜日午後6時半~8時


今年度の予定

オンラインで開催します。

開催地: Web 会議サービス「Zoom」
時間: 18:30-20:00 (18:00過ぎから入室可)
参加費: 1000円(途中参加・退出 OK)
定員: 250 名(先着順)

見逃し配信も予定しています。
参加協力券は、以下のリンク先(Peatix)から購入をお願いします。 2週間程度前から、販売を開始します。
なるべくPeatixからのご購入をお願い致します。 難しい場合は、事務局(info@kwasan.kyoto)まで、メールでお申し込みください。

講演者やタイトルは変更になる可能性があります。Webでご確認ください。

前期

5月10日(金)長田 哲也「分割鏡とトラス構造の京大岡山せいめい望遠鏡、観測開始から5年」
5月24日(金)浅井 歩「太陽活動と地球」
6月 7日(金)田中 貴浩「ブラックホール時空を捉える」
6月21日(金)太田 耕司「JWSTで探る銀河進化」
7月 5日(金)佐々木 貴教「シン・惑星形成論」
7月19日(金)早川 尚志「長期太陽活動変動の最前線:過去太陽黒点観測から見える過去4世紀」
8月 2日(金)杉本 茂樹「弦理論と宇宙のはじまり」
8月23日(金)柴田 一成「太陽黒点の謎」

後期

10月11日(金)長田 哲也「赤外線では天の川銀河の中心部のブラックホールや星団が見える」
10月25日(金)野口 高明「ひそかに降ってくる地球外物質:宇宙塵の話」
11月 8日(金)野上 大作「多波長観測でせまるブラックホールX線連星」
11月22日(金)前田 啓一「Ia型超新星の起源を探る:白色矮星はいかに爆発するか?」
12月 6日(金)上田 佳宏「X線観測で挑む超大質量ブラックホールの謎」
12月20日(金)栗田 光樹夫「せいめいから世界最高性能の鏡づくり」
1月10日(金)(未定)
1月24日(金)柴田 一成「地球温暖化と太陽」


過去の情報
2017年度金曜天文講話
2018年度金曜天文講話
2019年度金曜天文講話
2020年度金曜天文講話
2021年度金曜天文講話
2022年度金曜天文講話
2023年度金曜天文講話