京都 花山天文台の将来を考える会

menu

金曜天文講話     特別企画~せいめい望遠鏡への招待!~(終了しました。)

  京都大学岡山天文台3.8m せいめい望遠鏡完成記念式典 パブリックビューイング

開催要領

 主催:京都大学大学院理学研究科附属天文台
 共催:京都花山天文台の将来を考える会、京都大学大学院理学研究科宇宙物理学教室
 対象:中学生以上
 日時:2019年2月20日(水) 13:45~15:30(開場13:30) 
 場所:キャンパスプラザ京都・6階第8講習室
 参加申し込み:電子メールでのみ受け付けます。 info(アット)kwasan.kyoto 定員30人(先着順)
 申し込み方法:件名を「2/20せいめい」として、代表者の氏名(ふりがな)と参加人数を明記
  ・なお、定員に余裕があれば当日受付可
 参加費:無料

 プログラム

 14:00~14:45天文講話「せいめい望遠鏡で何をみるか?」 嶺重 慎
 15:00~15:30パブリックビューイング
 

せいめい望遠鏡完成記念式典中継

 ※パブリックビューイングのみの参加も可能です。 
チラシ


せいめい望遠鏡 京都大学岡山天文台では、2018 年にアジア最大級となる口径3.8m の「せいめい望遠鏡」が完成しました。
今回、臨時天文講話では、せいめい望遠鏡でせまる天文の謎についてお話します。
また、岡山天 文台で行われる記念式典をパブリックビューイングで中継します。
嶺重 慎 講師:嶺重 慎

1957 年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。
マックスプランク研究所、ケ ンブリッジ大学、茨城大学などを経て、現在は京都大学理学研究科物理学・宇宙物理学専 攻教授。研究テーマはブラックホールにまつわる諸現象を、理論モデル、シミュレーショ ン、観測データ解析等を組み合わせて研究している。最近は一般向けの書物執筆やバリア フリー教材づくりにも力を入れる。